オンライン家庭教師の料金相場!初期費用・授業料以外にもかかるの?

オンライン家庭教師 オンライン家庭教師

※この記事にはプロモーションが含まれています。

オンライン家庭教師の料金で入会金は?体験授業料とは

オンライン家庭教師の料金では、初期費用として入会金が必要となるところもあります。

この入会金は目安として、0円のところから40,000円ほどになりますが、この中には預かり金が含まれるケースがあるのも特徴です。

オンライン家庭教師の料金の預かり金は、支払いが滞った場合などに補うためのもので、支払いに問題がなかった際は返金されます。

また入会金は、その会社によりさまざまなのが特徴で、かなり差が大きいです。

入会金が無料なところや割引キャンペーンを行うオンライン家庭教師はあるものの、入会金の料金が無料となる代わりに、管理画面サポート費が必要になるケースもあります。

そのため、オンライン家庭教師のそれぞれの会社の料金設定をチェックするのが大切です。

また多くのオンライン家庭教師の場合、初期費用に体験授業があり、料金は0円のところから5,000円です。

体験授業は実際にオンライン家庭教師はどのようなものか体験し、それから検討できるためのシステムで、始めることに不安のある人にはメリットがあると評判です。

オンライン家庭教師のテキスト代や教材費の料金は?

オンライン家庭教師では、初期費用でテキスト代や教材費の料金が必要になるのが特徴です。

もちろん自分の持っている教材が利用できるオンライン家庭教師であれば、これらの料金は不要です。

一方でオンライン家庭教師の会社の中には、1教科ごとにテキストが必要になる場合もあります。

そのときのテキストの料金は、10000円を超えることもあります。

さらに1冊500円程度の教材費のところもあれば、1教科で4000円程度が必要となるになるところもあり、さまざまな差が出ます。

またオンライン家庭教師の中には、料金が前払い制のところがあります。

しかし前払い制は家庭教師会社を変更したい場合でも、先に支払いをしているので、自分の家庭が損になる危険があります。

また急用で変更せずを得ない場合も、料金が発生するので前払いの料金システムは気を付けたほうが良いです。

ここまで読んでくれたあなただけへのスペシャルオファー!//

悩んでばかりいると、お子さんの成績はいつまでたっても上がりません。

でも、どのオンライン家庭教師を選べばいいのか迷ってしまい、決められない・・・

そんな方にオススメなのが、利用者満足度No1のメガスタです。

私もぐずぐずしていたため、子供のテストの点数が全然上がりませんでしたが、メガスタを始めてからは、子供の成績がぐんぐん上がったのです。

最近では、通学タイプの塾よりも、オンライン家庭教師を利用している人が多いようです。

今なら、メガスタは期間限定で返金保証付きのお試し授業を実施中。

お子さんの成績アップに一歩踏み出してみませんか?

↓こちら↓からメガスタをチェック!

オンライン家庭教師を選ぶのって難しいですよね。でも、Wamなら1か月分の月謝が無料で体験できるんです!自信がない方も安心して試せるので、是非一度Wamをお試しください!

↓こちら↓からWamをチェック!

お子さんが塾に通わせたり試験対策をしているのに、なかなか成果が出ないとお悩みの方へ。銀河は結果にコミットし、成績アップに自信があります。一度試してみてはいかがでしょうか?

↓こちら↓から家庭教師の銀河をチェック!

オンライン家庭教師の月謝と管理サポート費の料金は?

オンライン家庭教師には月謝があります。

月謝は授業の回数が週に1回で、10,000円から40,000円ほどの料金が相場です。

この月謝には主に、授業料が含まれます。

さらに月謝には管理サポート費や教材費などが含まれます。

そして授業料は週に1回の指導を受けた場合は、1ヶ月で5,000円から40,000円が目安です。

なぜここまで料金が開くのかというと、オンライン家庭教師では、指導する時間を30分刻みにしている会社もあり、料金に差が出ます。

さらに子供の学年や指導を受ける目的、そして先生の学歴や指導歴、合格実績によっても授業を受ける料金は変わってきます。

そしてオンライン家庭教師の管理サポート費は、0円から15,000円が目安です。

管理サポート費というのは、持っている教材を使う場合など、家庭に合った指導をするために必要な費用です。

またオンライン指導を行うために、設定している料金があるのが特徴です。

それはシステム管理費で、授業料や初期費用に含まれる会社もあります。

そして管理サポート費というのは、公式サイトに明示されないケースもあるので、体験授業のときなどには確認するのが大切です。

オンライン家庭教師で必要な機材の料金は?

オンライン家庭教師では、インターネット環境がある場合で機材を持つ家庭とそうでない家庭で、料金が異なるのが特徴です。

パソコンやヘッドセット、インターネット回線に問題がないなら初期費用に必要となる料金は高くても数万円です。

仮に中学2年生が週に1回の指導を受けた場合なら、初期費用は入会金のみで20,000円で、授業料や管理サポート費などの月謝は18,000円で、合計1ヶ月目は38,000円の支払いになります。

一方インターネット環境はあっても機材がない場合は、購入やレンタルをする必要があります。

機材がレンタルできるケースでは、パソコンは1,000円で、プリンターが500円、ウェブカメラやマウス、ヘッドセットの3つで500円ほどが必要になります。

すると仮に授業料とテキスト代を含め、月謝が18,000円なら、機材のレンタルをする必要があるので月々の支払いは20,000円になります。

またパソコンやタブレットを購入したとすると3万円から10万円程度の出費が予想されます。

さらにオンライン家庭教師の中には入会金や管理サポート費の料金が必要ないところもあるため、機材を既に持っていれば初期費用は掛からないところもあるのが特徴です。

オンライン家庭教師は 1ヶ月いくらかかる?

オンライン家庭教師の料金は、業者によって異なります。料金は授業回数、レベル、時間などによって変わります。

また、時間あたりの料金も異なります。おおよそ1ヶ月の料金は、2時間あたり2,000円~3,000円程度となります。

オンライン家庭教師の授業料以外にかかる費用は?

オンライン家庭教師の授業料以外にかかる費用は、インターネット接続料やインターネット接続機器の買い替え費用などがあります。

また、オンライン家庭教師のプログラムを使う場合は、プログラムの購入費用やライセンス料などが発生します。

中には専用のテキストを使う場合や、専用でなくても指定するテキストを購入する必要がある場合もあります。

タイトルとURLをコピーしました